ふるさと納税のサイトはどこがいい?

ふるさと納税

ふるさと納税とは?

 概要

さて、ふるさと納税はどんな制度でしょうか?

本当におトクになるんでしょうか?

ふるさと納税とは、自分の住んでいるところ以外の自治体に寄附(ふるさと納税)をした場合に、その寄附金額のうち、2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。

但し、住民税から控除される部分については、一定の上限があります。

ふるさと納税は、例えば、自分が以前住んでいた区市町村や、災害などの被害を受けた区市町村を応援したいときにも利用することができます。

また何といっても、一部の場合を除き、2,000円の負担で、その区市町村から返礼の品を受け取ることができますので、税務上有利な制度であると言えます。

 ふるさと納税の仕組み

通常の寄附金については、所得税の寄附金控除(所得控除)となり、その寄附をした年の税率分の所得税が少なくなるとともに、住民税の寄附金控除(税額控除)として翌年の住民税から控除されます。

しかし、ふるさと納税については、これ以外に住民税の特例分があり、原則として2,000円を除いた残りの全額が翌年の住民税から控除されます。

これを図解すると次のようになります(原則)。

引用元:総務省HP

通常の寄附金は、寄附金控除により2,000円を除いた赤で囲った部分以外の左の部分の税金が少なくなります。

しかし、ふるさと納税については、特例により、赤で囲った部分の金額が翌年の住民税から控除されます。

つまり、この結果2,000円の負担だけとなるのです。

ご存知のとおり、ふるさと納税の場合には返礼の品が手に入ることから、ふるさと納税はとってもお得な制度であると言えるのです。

 ふるさと納税の上限額

ふるさと納税については、上の図の赤で囲った特例の部分について、住民税の20%が限度になります。

目安としては、次の図の赤で囲った確定申告書の課税される所得金額(課税所得金額)の※10%のさらに20%相当となります。

住民税:課税所得金額×10%
上限額:住民税×20%(特例分

 

 

※赤で囲った箇所は所得税の課税所得金額であり、厳密に言うと住民税の課税所得金額とは異なります。なぜなら、所得税の所得控除額と住民税の所得控除額が異なるためです。しかし、ここでは簡便な方法として所得税の課税所得金額をもとに住民税(特例分)の上限額を計算する方法を紹介しています。

給与収入の方については、こちらの限度額目安で確認ください。(☜引用元:総務省)

 手続き方法

 原則

ふるさと納税は、寄附金控除の一種であり、原則として、寄附をした翌年の3月15日までに、確定申告をする必要があります。

また確定申告を行う際には、寄附をした自治体が発行する寄附の証明書や受領書などを確定申告書に添付する必要があります。

引用元:総務省HP

 ワンストップ特例制度

寄附金控除については確定申告が必要ですが、寄附金控除の一種である『ふるさと納税』については、確定申告しなくても良いワンストップ特例制度があります。

但し、この方法は次の場合にのみ適用できます。

✅ 寄付する自治体が5ヵ所以内であること

✅ 年末調整だけで確定申告が不要であること

つまり、給与収入が2,000万円を超える人や、給与収入以外の所得が20万円超である人などは確定申告が必要となりますから、ワンストップ特例制度は利用できませんのでご注意ください。

尚、ワンストップ特例の適用を受ける場合には、ふるさと納税を行った年の所得税からの控除は行われず、ふるさと納税を行った翌年の住民税から全額控除されます。

引用元:総務省HP

 

どのサイトから申込むのがおトク?

ふるさと納税のサイトはたくさんあります。

自治体によっては直接自治体のホームページから申し込むところもあります。

ふるさとチョイスさとふるふるなびが有名です。

この3つのサイトについて比較してみました。

ふるさとチョイス

 ふるさとチョイスとは?

ふるさとチョイスのホームページを見ると次のように紹介がされています。

ふるさとチョイスとは、掲載数No.1のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」。全国1,788自治体、20万点以上の地域の名産品などを 「ランキング」や「自治体の寄附金の使い道」などから寄附する自治体を選べます。

このように、ふるさとチョイスは掲載が最も多いふるさと納税のサイトです。

全国47都道府県の全てのふるさと納税の情報を網羅しているため、選択の幅があります。

ランキングをみると人気のやふるさと納税についての役に立つ情報も掲載されており、参考になりますね。

気に入ったのは人気のお肉について、ランキングです。

 ふるさとチョイスのメリット

何と言っても掲載している自治体の数が最も多く、返礼品も豊富で選択の幅があるところです。

 ふるさとチョイスのデメリット

ふるさと納税の中には、寄附額に応じてポイント還元されるところがありますが、ふるさとチョイスにはそのようなポイント還元がないことです。

ふるさとチョイス公式ホームページ

さとふる

 さとふるとは?

Wikipediaによれば、さとふるは次のように書かれています。

株式会社さとふるは東京都中央区に本社を置く日本の会社。ソフトバンクグループのSBプレイヤーズ株式会社の子会社である。ふるさと納税の運営に必要となる企画と関連業務を一括して代行するサービスを提供している。ふるさと納税を通じて特産品を周知し、そこから販売や観光誘致につなげる事を目標にしている。(2019年4月14日閲覧)

サイトはこのような感じです。

 

View this post on Instagram

 

小国町のふるさと納税返礼品🛍 今年度から見直しをしてリニューアルした返礼品。現在まで多くの方にご寄付を頂き、昨年よりも目にして頂く機会が増えていることを実感しております🙌🙌 頂いたご寄付は、小国町の子供、福祉、仕事、防災などの各事業を中心に使わせて頂きます。 どうぞ、今後もお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。 検索は ・「さとふる 山形県小国町」 ・「ふるさとチョイス 山形県小国町」でご覧ください。 #彩りゆたかな白い森 #山形県 #小国町 #小国 #白い森 #おきたま #ふるさと納税 #返礼品 #さとふる #ふるさとチョイス #yamagata #instagood #japan #japantrip #行くぜ東北

白い森おぐにまるごとブランドプロジェクトさん(@shiroimori_oguni)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

おはようございます☀️🙋 今日もいい天気❗暑くなりそうです。 鹿児島といえば黒豚🐽☝️❗ 『黒豚しゃぶしゃぶ黄金セット』大人気です! 「肉の上高原」独自のカットで、余分な脂は削ぎ落とし、ほどけていくような柔らかな食感が感じられ、かつ黒豚の旨みも溢れる絶妙な厚みで絶品です! 何枚でも食べられますよ😉 詳しくは、このアカウントのトップページURLから「さとふる」「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」をご覧ください。 .♪ 指宿の見所は、@ibusuki_tourism でも配信中❕ ♪ #しゃぶしゃぶ #黒豚しゃぶしゃぶ #肉#うまっ #老舗精肉上高原 #ふるさと納税 #返礼品 #ふるさと納税返礼品 #ふるさと納税2019 #ふるさとチョイス#さとふる #楽天ふるさと納税 #鰻#黒牛#黒豚#黒さつま鶏#焼酎#観葉植物#鰹節#さつまあげ#旅行#指宿温泉#鹿児島旅行 #鹿児島県#指宿市#指宿#砂むし温泉#かごしま

指宿市ふるさと納税さん(@ibusukifurusato)がシェアした投稿 –

 さとふるのメリット

何と言ってもソフトバンクグループが運営していることによる安心感です。

 さとふるのデメリット

ふるさと納税の中には、寄附額に応じてポイント還元されるところがありますが、「さとふる」も「ふるさとチョイス」同様にそのようなポイント還元がないことです。

高級和牛が貰える!ふるさと納税

ふるなび

 ふるなびとは?

ふるなびは、東証一部上場の株式会社アイモバイルという会社が2007年から運営しているふるさと納税のサイトです。ふるなびは、ふるなび限定の返礼品やオリジナルサービスを提供しており、他のサイトにはあまり見かけない返礼品を扱っていることで知られています。

サイトはこのような感じです。

Amazonのギフト券コードが還元されるのですが、今なら期間限定で寄附金額の4%も還元されるようです。

 ふるなびのメリット

ふるなびは、他のふるさと納税のサイトとは違って返礼品に電化製品が選択できることがあげられます。

例えば長野県飯山市のふるさと納税では、パソコンやテレビが返礼品として送られてきます。

詳しくはこちらをご覧ください。


またAmazonギフト券コードのプレゼントがある点も、ふるなびのメリットです。

しかも今なら最大4%の還元となっています。

たとえば1万円ですと、400円分のAmazonギフト券コードがもらえるということになります。

なお、ふるなびを運営しているのは、東証一部上場の株式会社アイモバイルという会社です。

このため、「さとふる」同様、運営元がしっかりしていますので、利用者としては安心して利用することができるかと思います。

 ふるなびのデメリット

デメリットは掲載している自治体の数が「ふるさとチョイス」や「さとふる」と比べた場合に少ないため、返礼品の数が相対的に少ないことです。

ふるさとチョイス公式ホームページ

まとめ

「ふるさとチョイス」も「さとふる」も「ふるなび」もそれぞれメリット、デメリットがあります。

今、この時期を考えた場合には、ふるなびが一番おトクかもしれません。

しかし「ふるなび」は返礼品の品数が少ないというデメリットがありますので、ひとつのサイトに絞ってふるさと納税をするのではなく、いくつかのサイトからお申込みされるのも良いかと思います

また、今年度の税制改正により、2019年6月1日からふるさと納税は寄附金に対して返礼が3割限度となります。また地場のものでないと返礼品にできなくなります。

このため、ふるなびで扱っている電化製品は、地場のものでないという理由で、もしかしたら6月以降に取扱いがなくなる可能性もあります。(飯山市が返礼で扱っている電化製品は、実際に同市で製造していますので大丈夫かと思いますが、実際のところ6月以降はどうなるか未定です・・・)

それと今までは返礼が5割くらいの品も数多くありましたから、既に毎年ふるさと納税をされている人も、返礼の割合が下がる前の5月末までに、ふるさと納税をされることをおススメします。

今回の記事が皆様にお役に立つ情報であれば嬉しいです。